最近の和塾
◎ 「月見の宴」平成22年9月22日

塾生の岩井千江美さん主催
場所はミシュラン一つ星レストラン「万歴龍呼堂」
サプライズは新橋芸者の桃太郎姉さんと明日香さんの芸とお遊び。

◎ 和塾 第五回 「重陽の宴」平成22年9月8日

無心の舞で、幸せを招く。
「重陽の節句」を祝い、とっておきの宴をご用意いたしました。
和塾は活動開始からちょうど1周年。
能の心を学び、体験する。新しい門出にふさわしい晴れ舞台です。

 重陽の宴ポスター

●特別講演/辰巳満次郎・藤岡慈恵
●暦企画/菊飾り
●特別料理/精進特別献立

 「重陽の宴」のようす
◎ 和塾 第四回 「七夕吟歌祭」平成22年7月7日

心の瞬きを歌にする。
織姫星と牽牛星の年に一度の逢瀬の日。蛍の舞を楽しみながら、星空の下で夕涼み。
五七五の調べにのせて、想いの丈を奏であげ、儚い夜の静けさに、少しの興を添えました。

 七夕吟歌祭ポスター

●特別講演/大木俊秀
●暦企画/七夕飾り
●特別料理/精進特別献立

 「七夕吟歌祭」のようす
◎ 和塾 第三回 「菖蒲の儀」平成22年5月5日

いま甦る、武勇の魂。
端午の節句は菖蒲の節句とも言い、「尚武」と同じ読みであることから男子の成長を祝う日となりました。今回の和塾では男女共に、750年前の日本の尚武の魂を体感してみたいと思います。
※尚武=武道・武勇を重んじること。

 「菖蒲の儀」ポスター

●特別講演/足利市・節分鎧年越継承『立春会』
●暦企画/時代武具体験、餅つき
●特別料理/尚武膳、杵つき柏餅

 「菖蒲の儀」のようす
◎ 和塾 第二回 「雅ひな祭」平成22年3月3日

幸福を雅に祈願する。
平安の頃から男女を問わず、邪気払いのために催されていた「ひな祭り」。今回の和塾は、時代とともに形づくられた春の雅な文化をひも解き、幸福や良縁を願ったいにしえの日本人の心に触れてみたいと思います。

 「雅ひな祭」ポスター

●特別演技/お囃子の演奏
●暦企画/上巳の祓い
●特別料理/花弁当、よもぎ菱餅、雛あられ

 「雅ひな祭」のようす
◎ 和塾 第一回 「新春お写経会」平成22年1月27日

一年の心を筆に托す。
日本人が古来より伝えてきた和やかなる文化を現代に活かし、美しい情緒や研ぎ澄まされた感性を養うための学びの場「和塾」。
記念すべき第一回講座は、年頭にあたり、一文字一文字に願いを込めて、お写経を体験いたしましょう。

 「新春お写経会」ポスター

●特別講演/高田都耶子さん
●暦企画/新春お写経

「新春お写経会」のようす

▲ページトップへ戻る